検索

2022-04-24:「NewsPicks」に代表理事・山本卓のインタビュー記事が掲載

ソーシャル型オンライン経済メディア「NewsPicks」に、代表理事・山本卓(広島大学 教授)のインタビュー記事が掲載されました。


「ゲノム編集で未来を創れ」というキャッチコピーが付けられた記事で、社会課題の解決に向けた「バイオ・デジタルトランスフォーメーション(バイオDX)」の取組み、なぜゲノム編集にDXが必要なのか等、その意義と展望を語っています。


ぜひ御覧ください。



---<須田 桃子さん(NewsPicks 副編集長 / 科学ジャーナリスト)のコメント>

日本でいち早くゲノム編集技術を取り入れ、技術の進展やコミュニティーづくりを主導してきた山本卓・広島大学教授のインタビュー。現在取り組む「バイオDX」のプロジェクトを中心に、存分に語っていただきました。


将来の社会実装に向けて、ご自身の研究だけではなく、コミュニティーづくりや産学連携をかなり戦略的に進めてこられたこともよくわかるお話でした。

---


<参考リンク>

○【山本卓】遺伝子テクノロジーにDXが必要な理由(NewsPicks)

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

理事の坊農秀雅(広島大学大学院統合生命科学研究科・特任教授)らは、公共データベース(公共DB)上の遺伝子発現解析実験データを統合的に再解析するメタ解析の手法を用いることによって、植物の低酸素ストレス応答に関与する新規候補遺伝子を発見しました。 近年気候変動により大規模洪水が頻発するようになり、長時間冠水状態に置かれた植物は低酸素ストレスにさらされることが知られており、農作物の収量減少の一因となって

広島大学公開講座2022(前期)において、「ゲノム編集イノベーション~最先端のバイオテクノロジー~」と題して、当機構の代表理事、理事が講演します(全3回)。 第1回 6/29(水)18:00~19:30 「ゲノム編集とはなにか」 講師:山本 卓(ゲノム編集イノベーションセンター センター長・教授) ※当機構・代表理事 第2回 7/13(水)18:00~19:30 「みんなのバイオDX」 講師:坊農