top of page
検索

2023-11-15:ゲノム編集技術により、ニワトリを利用した組換えタンパク質生産系を迅速に評価するin vitroモデルを構築

広島大学大学院統合生命科学研究科の、堀内浩幸教授らの研究グループが、ゲノム編集により、OVA を恒常的に分泌する細胞株の樹立に成功し、さらに、樹立した細胞株を利用して、ニワトリを利用した組換えタンパク質生産の評価系を構築しました。


詳細は広島大学のWebサイトをご覧ください。





<参考リンク>

閲覧数:31回

Comments


bottom of page