top of page
検索

【広島バイオ推進協】R5ひろしまバイオDXフォーラム_パンフレット
.pdf
ダウンロード:PDF • 618KB


昨年度に引き続き、今年度も「令和5年度ひろしまバイオDXフォーラム」を開催します。


  • 日時:令和6年3月1日(金) 13:30~

  • 場所:広島大学イノベーションプラザ (東広島市鏡山3-10-23 TEL 082-424-3988)

  • 共催:ひろしまバイオDXコミュニティ、COI-NEXT「バイオDX産学共創拠点」、広島大学共創科学基盤センター

  • テーマ:ゲノム編集や合成生物学の研究、実践、ELSIに関する話題提供


本フォーラムはハイブリッド形式で開催いたします。

オンラインでのご参加も可能ですが、ぜひ会場にお越しいただき、情報交換をしてくださいますようお願いいたます。


なお、ご参加のお申し込みは下記URLからお願いします。


※ お申し込み時に会場またはオンラインのいずれかをお選びください。

閲覧数:83回

現在オンライン先行開催されている、第46回日本分子生物学会の、現地開催初日に、シンポジウム「バイオDXによるデータ駆動型ゲノム育種に向けて」を開催します。


本シンポジウムでは、バイオDX推進機構 理事で、広島大学大学院 統合生命科学研究科 教授の、坊農秀雅先生がオーガナイザーを務め、COI-NEXT「バイオDX産学共創拠点」(代表機関:広島大学)で取り組んでいるトピックを中心にお話します。


みなさま、奮ってご参加ください。





日時:2023年12月6日(水)9:30~11:45


詳細:Digital Transformation (DX)の生命科学版、バイオDXが昨今注目され、ラボオートメーションや生命科学ビッグデータの利活用が進められている。しかしながら、その流れは限定的なのが実情である。そこで、本シンポジウムではバイオDXを実践している先駆者たちにそれぞれのバイオDXを語ってもらう情報交換の場としたい。議論を通じ、それぞれの研究に役立つ活用知識が形成されることが目標である。


合わせて、参考リンクをご覧ください。




<参考リンク>



閲覧数:79回

2023年11月12日に、特別授業&体験型ワークショップ「分子系統樹をつくろう」を開催しました!広島県内の、いろいろな高校のみなさんが参加してくださいました!


今回のイベントは、

〇 広島大学大学院統合生命科学研究科の教授で、一般社団法人バイオDX推進機構の理事 をつとめる坊農秀雅先生の特別授業

〇 体験型ワークショップ「分子系統樹をつくろう」

という二本立て!


坊農先生の特別授業では、先生のご経歴や、バイオインフォマティクスの歴史に触れながら、バイオインフォマティクスが実際にどのように社会に活きているのか、またこれからの可能性について具体的にお話いただきました。



生物学に興味・関心の高い生徒のみなさんが参加してくださったことから、大学での学びについての、具体的なお話は、進路選択の参考になるところも多かったのではないでしょうか?


坊農先生のお話は、TOGO TVで見ることができます。


その後のワークショップ「分子系統樹をつくろう」では、広島大学大学院 統合生命科学研究科の、ゲノム情報科学研究室に所属する大学院生の進行・サポートのもと、鶏の卵に含まれているアレルギーの原因物質(アレルゲン)、“オボムコイド” に注目し、さまざまな生物から似ている配列を集めて分子系統樹を作成していきました。




さまざまな生物のタンパク質のデータベースにアクセスして、鶏以外で“オボムコイド”を持つ生物を検索して、実際のデータに触れてみたり・・・



“オボムコイド”に似ているたんぱく質の配列を持つ生物同士の配列を比較してみたり・・・



作成するにあたって使用したツールは、実際に研究で使われているものなのだそう!すべて英語表記で、少し難しかったところもあったかと思いますが、大学院生のサポートを受けながら、みなさん分子系統樹を完成させました。





分子系統樹の形や、色など、自分好みにカスタマイズすることができたので、それも高校生のみなさんは楽しかったようです^^



最後に、坊農先生や大学院生、他校の方々と交流する時間を設けました。短い間でしたが、ぐっと距離を縮めて、和気あいあいとされていました。



今後も、将来を担う若い世代のみなさんが、“バイオDX”に興味をもってくださるような活動を積極的に行ってまいります。


連携などを希望される学校の先生方がおられましたら、お気軽に問い合わせフォームよりご連絡ください。


参加してくださった生徒の皆さん、ありがとうございました!また会いましょう!


閲覧数:96回
bottom of page